でぃするだいありー?

そんな気はないんだれど、でぃすっちゃってる。 でぃすでれ?

SSD換装

今使っているPCはそもそもSSDを搭載していた。挙動が怪しくなったのでHDDに換装し、この出来事によりSSDへの信頼感を失った。購入は2009/11頃のこと、SSDが逝ったのは2012/08頃のことである。
以後、メモリを足したりクリーンインストールしたりしながら約10年使い続けている。サイドパネルなどとっくに外したままに。

Windows10になってからますますOSの挙動について頭を悩ませることが少なくなった。ある時突然機能を足したり消したりするし、考えるだけアホらしい。
とはいえ、スリープから復帰しなかったりすることがあれば困りはする。もとよりレジュームからの復帰には死が伴うと評判のWindowsであるが、おま環であるケースが多く、解決に至ることは稀である。悩む時間でリブート。まいくろそふとばんざい。
HDDが原因かな~と思いつつも様子を見ていたが、不良セクタもろもろHDDのヘルスが気になり始めたのでPCを新調するかブートディスクを換えるか悩んでいた。SSDへの不信感は拭い得ていないが、値下がりし始めているようすがうかがえたので、ブートディスクをSSDに換えてみることにした。


さて、システムのクローンはイマドキどうするのか。調べてみたら無償でも使えるツールでできるらしい。AOMEIとかAcronisとかEaseUSとかがヒットする。名前からして所属が気になるソフトは使用しないようにしたのだが、AcronisでうまくできなかったのでEaseUSを使うことにした。Acronisでは、クローンはできたようなのだが起動しない。正確には、Windowsブート後のロゴ表示後のぐるぐるで止まる。

EaseUSでは、BIOSSSDをブートに指定しても、旧ブートHDDを接続したままだとうまく起動しなかったり、Windowsにログインしたあと固まるとかする。起動一発目の特殊事例なのかなんなのかわからないが、旧ブートHDDを外してまあ、動いている。ちなみに、AcronisはこれでもNGだった。(すっかり忘れていたが、2012/08のトラブル時、SSDからHDDへの引っ越しにもEaseUSを使っていた。んで、同じことでハマっていた。6年に一回のことじゃ忘れても仕方ないよね!)
昔のPCは楽だったと思う。ブートディスクはこれだって指定したらそれで起動したように記憶している。記憶違いだろうか。

 

6時間くらいかけて、とりあえず使えるようにはなったが、そもそも懸念の現象が解消するかどうか。

 

PS.レジュームからの復帰は早くなった。

jp.easeus.com